2016/07/12

ロボットに支配されないために



遅まきながら、「ソーシャル・ネットワーク」のDVDを観ました。
ずいぶん前に、友人から「観たら?」と言われていたことを
近所のレンタルビデオ屋さんでDVD選んでいたときにふと思い出し、手に取りました。

ザッカ―バーグって個性的で天才タイプ、会話中に話題があちこち飛ぶし
そのせいもあって当時の彼女とは別れたけど
彼女がザッカ―バーグの才能を理解していれば、今頃その彼女はどうしてるのかな、とか。

彼がもし、自分の欠点に目を向けすぎて落ち込んでいたら
「フェイスブック」がこの世に存在してないかも。

いいんですよ、でっかい凹があっても。
その分、でっかい凸が必ずある。
凸をどんどん伸ばした方が、世の中の役に立つ。

私は映画やドラマを観てると、その世界に入り込むのが特徴。
よく観るジャンルは今まではアクションものがほとんどで、
ミッション・イン・ポッシブルのような映画をよく観てたら
人生もそんな感じになってきてしまい。

「モテない講座」ってお友達の講座を受けたときに
恋愛もののオススメ映画を観るように言われて
その通り観たら、潜在意識が変わったことを思い出しました。

日々触れるもの、人、自分がはく言葉などによって
自分の毎日も変化していきますね。

自分がなりたい理想の人をまねたり
なりたい像を貼りだしたりしていつも眺めるのってのもとても大事。
でもその前に、なりたい自分になるという「決断」が必要です。

あなたは日々、どんな「決断」をしていますか?
そしてその決断を実行するに際して
何を選び
何を捨てていますか?


先日、友達から「ロボットが人間の仕事を奪っている」という話を聞き
フェイスブックも世界を制覇しそうな勢いで、これも私はロボットの一種だと思っているけど
人間しかできないことを自分なりにつかんで
それを磨くって、
今必要なことと感じています。

友達が教えてくれたのはこのイベント、福岡は7月18日(月・祝)です。
「IT経済以降の新経済と新教育」

あなたの凸を見つけるワーク
対面やスカイプで行っています。
興味のある方、ご連絡くださいね(^^)/
最初の面談は無料です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント