2016/04/02

起業において注意すべき点⑤5/7


素の笑顔がいいと言ってもらえてひと安心

テーマ:「自分にあう「サービス提供方法を選ぶ」

④では「自分のサービスや製品の売り方を身につけること」
をシェアしましたが、そうやって自分の主要製品を開発して決め込んだら、次はターゲットとなる人達にいかに見てもらって自社のサービスや製品を買ってもらえるかを検討する必要があります。

そして最初の注文を受けたのちの一連の処理やフォローのシステムの構築も重要です。

どうやってターゲットに見てもらってリピーターになって頂くか、の具体的な手段はそれぞれ異なるので、実際にやってみて反応によって少しずつ方法を変えていって「これだ」というものを実感するしかない、というのが私の経験です。

「この方法がよかった!」と人から聞いても、それがそっくりそのまま自分のビジネスに適応するかどうかは、やってみないとわからない。

私自身、コンサルという看板を掲げた当初は「あなたがコンサル?」って言われて自信を失くし、しばらくコンサルとは名乗れませんでした。

その後、時間をかけて実践を積み重ねるうち「クライエントさんと一緒になって売り方を研究したり、売上が上がるためあらゆる手段を使って全力で貢献する」という自分のスタイルを確立し成果が出るにつれ、少しずつ自信がついてきました。

先日も私のクライエントさんの関係で、商品の売り出しについての協力をしたのですが、そんなときはアイデアがよく浮かぶし何より楽しいです。

今回、着物の素晴らしさを伝えるためにモデルを買って出たのですが、ちょっと(かなり)油断して立ってたときのこの写真は、どう見ても相撲取りにしか見えません((+_+))

クライエントさんもこれには苦笑。。。
社員からは「親方!」と呼ばれるし。。

でも!
着物が不慣れな私でも、5分で自分の着付けができるようになりました!!これはスゴイです。

つづく

参考書籍

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント