FC2ブログ
2020/03/12

【あなたの机は整頓派?混沌派?】

【あなたの机は整頓派?混沌派?】
忘れないようにメモしたのに、そのメモがどこかに行き
そのメモを探しているうちに、時間だけが過ぎていく。。
私たちADHDあるあるの現象。
さらに、探しているうちに、何を探していたのか忘れてしまう(笑)

コラムにあるように、
私が勤め人だったころ、「机の上は性格を表す」というのが定説で
恥ずかしいから整頓しておかねば!と整頓に勤めてましたが

在宅起業して人目が気にならなくなると
机の上がすごい状態に。

私の仕事場を見た人が「アインシュタインの部屋みたい」と言って
それはどういう意味なんだろうと数年思っていたけど

最近、私のことを「あなたは天才だ」と励ましてくれる人がいて
ふと、天才と整頓というキーワードで検索したワケです。

するとなんと!この記事の写真にあるように
facebookの創業者ザッカーバーグも!
大好きなトニー・シェイも!
机の上は、超雑然じゃないですか~(^^♪

ペニシリンの発見者として知られるアレクサンダー・フレミング
スティーブ・ジョブズだって
驚くほど机が散らかっていた。

机の上が散らかっているからといって、ダメ人間であるワケではない!
しかし、親や教師から「机の上を整理しなさい!」などやかましく言われたりして
それでも整理できなくて、自己評価が低いそこのあなた!

もしかしたら、コロナウイルスの脅威から人類を救う
天才なのかもしれないですよ。

歴史を紐解くと
--------
1346年から47年にかけて、コンスタンティノープルから地中海各地に広がった黒死病。
黒死病の大流行による人口の激減は、生き残った農民の待遇を良くすることとなり、農奴解放がさらに進むこととなる。
その後、社会変動の中から、人間性の解放を求めてルネサンスといわれる文芸や美術での動きが活発となる。

1665年のイギリスでのペストの大流行が、科学の歴史上きわめて重要な副産物を残したとされ
大学が休校となって故郷の田舎に帰ったニュートンが、ぼんやりと日を過ごすうちに、
光の分光的性質と、重力の逆二乗法則を、そしてさらに微積分計算の基本的アイデアを発見。

19世紀末のペストの最後の大流行。このときは中国から始まり、アジアで急激に広がり日本にも伝わった。
1894年、流行の中心地香港に派遣された北里柴三郎がペスト菌を発見!
(注目!菌の発見者、日本人です)
(引用:https://www.y-history.net/appendix/wh0603_1-090.html)
----------

1929年株価が暴落、世界大恐慌のときアメリカでは悲惨な状況だった。
多くの人が財産や命を失い、やり場のない怒りや失意に打ちひしがれ混沌とするなか
ある法則による思想が世を救ったんです。

それはなんだったのか?
いまこそ、歴史に学ぼうと「成功の黄金律に生きた男達の物語」DVD上映会を企画しました。
オンラインだから、世界のどこからでも参加が可能です。

歴史に残る大変革の中を生きている人たちは
今がそのときだとわかってなかった。
フランス革命や明治維新のときも。

今、歴史に残る時代を私たちは生きている
これだけは確信できます。
心ある人たちで、日本をそして世界を元気にしていきましょう。

あなたの出番ですよ!!

上映会の詳細
成功の黄金律に生きた男達の物語 DVDオンライン上映会
DVD上映会の開催予定と申込、アプリのインストール方法

超おススメ動画
【実体験】コロナウイルス対策!2020年絶対にやるべき!新しい働き方!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント