2016/02/14

ただひたすらに  自分の花を咲かせる




彼女は最近、私のマンションの玄関先にやって来ました。
昼間は、お日様に向けてめいっぱい花びらを拡げ、
夜はパタンと閉じて眠ります。

彼女はけなげに
自分の花を咲かせています。

ひまわりのように高い花に憧れたり
ユリのように気品を持ちたいと思う訳でもなく

ただひたすらに
自分の花を咲かせている
そんな姿が愛らしいですね。

今朝、彼女は
「あなたの咲かせたい花は何?」
と問いかけてきました。

フェイスブックの投稿から感じたこと

お花見てると泣けてきて
自分が「合わない人」と「無理に会わない」ことで、だんだんピュアになってきました。

上ばかり見ていて、足元にこんな花が咲いていることでさえ気づかなくて走っていた自分がいました。
自然の中に答えがありますね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント