FC2ブログ
2016/10/01

【井戸端会議】



新メニュー「ビクトリアンサンドイッチ」

お友達が経営している手作りドーナツのお店に新メニューができてました。
自宅の近所なんだけど、よく考えたら来たのは1ヶ月ぶり。
写真のスイーツ、その名も「ビクトリアンサンドイッチ」

彼がイギリスに一年位住んでいたときに食べてたメニューがもとになったらしい。
こちらのドーナツは材料にもこだわってるので、安心ですよね。
口にするものだから提供する人そのものが見えるってホントに大事。


実はこの店に立ち寄ったのは、店の近所に出来た介護施設に、
私の親のことで相談に行った帰り、友達の店が近くにあったことを思い出したから。
その介護施設を訪れ、出迎えた職員さんが偶然にも知り合いで「あ!」と声を上げ
お互いビックリ。


施設のサービスって正直なところ、立地とかを除くと飛び抜けた差はあまりないと思うので
「この人が対応してくれるなら、ここにお願いしたいな」というソフト面に大きな魅力を感じてしまいました。
見学する?と聞かれ「いや、中は見なくていいよ」と申し込みしてきました。


やっぱ人はサービスを提供する「人」からモノを買ったり
サービスを受けたいのか、と。


いい商品ってわかってても、
売る側の、何だろう
心とか
佇まい?
かもし出すモノ
みたいなのが自分と合わないなと感じるときは、手が出ないものですね。

金額じゃないのかなあ。

逆も然りです。


なんだかんだ井戸端会議的な話をひとしきりして友達の店を出たあと、ふと
そういえば井戸端会議って随分してないなと。

井戸端会議の替わりをしてるのがSNSですかね。
あそこの店が美味しかったとか、新しい店が出来て行ったよ、とかの情報交換もIT化。
ITが進化しても結局人ってなんだかんだ繋がりたいですよね。

↓この写真は友達のお店によく来るお客様が「キレイだから」って持参したものだと。
14492414_541475636049618_2984786446347801363_n.jpg

唐辛子の鮮やかさが目にしみて
思わずパチリました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント