FC2ブログ
2019/11/24

【的確な思考の力】

成功哲学を学んでいますが、
どこまでも深遠な内容に感服します。

日々、いろんな出来事があり
それに対して、自分の心に湧いてくる感情や疑問を感じ
パートナーとそのことについて語りあい

翌朝、成功哲学のテキストを開くと、
そこにドカーンと答えが書いてあり

まるで神様が、私の勉強のために出来事を用意してくれたのか?
と思ってしまう。

そんな気づきを得ることのできる朝は
涙が出るほどの至福の時間であります。

<今日の学びから>
情報が溢れかえっている昨今
事実の裏付けを持たない意見は
無意味であると同時に危険である。

なので私たちは
確証のない意見を口にすべきではないし
そうした無責任な意見に耳を貸すべきではない。

的確な考え方を身に付けている人は
事実の裏付けを求めるまで決して行動を起こしたりはせず
他人の無責任な意見に左右されることはない。
常によく考えて
必要なアドバイスに耳を傾けるだけ。

ではどうしたら
不確実な情報に左右されない心を
培うことができるのか?

物事を的確に考える習慣を身に付けるには
厳しい自己訓練が必要。

しかし
努力して身に付ければ
必ず、それだけの見返りがあり

心の平和や人生の知恵
自然の摂理を理解する力を人間に与え
世界や大自然との調和をもたらす。

的確な思考法は、お金では買うことのできない
貴重な財産である。

これは他人から借りることもできなければ
貸すこともできないもので

それを身に付けるためには
厳しい自己訓練が必要。

・・・
ということは、
私たちは日々の努力次第で
けっしてお金では買えない財産を
心の内面に築くことが出来る訳ですね。

やっぱり、どんな習慣でもって毎日を生きるか、
だな~~~

自分自身
なかなか習慣化できてなかったけど
人間の脳は痛みを避けて快楽を得るように
なっているので

この至福の時を得る「快楽」を得ることができると
強烈に脳にインプットすれば

今度こそは継続できそう!(^^)!
的確な思考の持ち主を目指そう~!
スポンサーサイト



2019/03/03

人材の定着化について

起業して5年も経つと、交流関係もずいぶん変化が出てきて
経営者の構成率が上がってきました。

そんな中、人材の定着化についてお悩みの経営者が多いことを知りちょっとシェア。

マコーミック・プラン(McCormick plan)ってご存知ですか?

経営内部の組織のひとつでアメリカで始まった従業員による経営参加のひとつの制度のことです。
あの、スパイスで有名なマコーミック社は、ウィロビイ・M・マコーミックという天才によって長年経営されてきました。

このマコーミック・プランとは
青年重役制度や販売委員会など、多数の人が経営方針の策定に関与できる制度を設けて、複層的な管理を実現する仕組みのことで

有能な若手を起用して、経営に参画させることで
組織を強化していきました。

経営って学校の成績がよかったからうまくいくとは限らず
最低でも3~5年の経験が必要で、そうした意味でも社員に経営参画の経験をさせて時間をかけて育成することは、とても意義のあることだと思います。

もちろん、人材は定着化する。
ただし、採用の時点が大事。

私自身も、得意・不得意があって
得意なことをさせると爆発的なパワーを発揮しますが
不得意なことをさせると、途端にうつ状態(笑)

それを、組織だから、とか決めごとだからとか言って
不得意なことを無理にさせると死にます(笑)
これは本当にある話です。

営業がめっちゃ得意な人に
経理をさせるとどうなりますかってことです。

でも、零細企業ではよくあることで
社員が何でもしなきゃならない。
経営者と同じことを、社員もできるという妄想が、経営者にはある。

将来、起業したくて何でも経験したい人なら
経験としては一時的にありですが
向いてないことを、人間そう長くはできないですよね。

ということで、やはり人間は
自分に向いていることをしている時が
一番楽しい。

なので、社員にも向いていることをしてもらうことが一番ですね。
経営者は、向いてる人にどんどん仕事を振るのが賢明かと。
(社内外とわず)

注:苦手なことは全くしなくてもいい、というワケではなく
やらないといけないときは、やらなあかん。

今日は
自分の頭の整理のためにアウトプット!
お付き合いいただきありがとうございます(^^♪
2018/02/24

逆境と挫折からの利益。

08143529d70e8818f24bf484db0180da_s.jpg

人は、他人の言葉が耳に入らなくなったとき、挫折の声を聞く。
一方、同じような不幸を体験した者同士は、精神的にも親しくなるが、
逆に物質的に豊かになると、友情などなくともたくさんの友達が訪れる。
しかし、お金がなくなると、友達の正体が暴露されてしまう。

ナポレオン・ヒル成功プログラムより

こんな物語、ありましたよね。
思い出そうとしましたが、物語の名前を思い出せません。。

ほんとに、挫折のときには、人のアドバイスなどに耳を貸してなかった。
というか、人のアドバイスに耳を傾けていたら
間違いを犯すことも避けられたよなあ、と。
人の言葉に耳を傾けられなかったときって、おごっていたなあ、と。

全ての現象は
自分の心の現れなんです。
だから自分が変われば、見える世界が変わる。

原則はいたってシンプルですね。
毎日少しずつの変化でいい。
コツコツ進んでいきましょう!(^^)!
2018/02/22

漂流人間からの脱却

9922bc6b9d1f849dd3d2d2f755fd5aa2_s.jpg

人生を大別すれば、漂流人間と非漂流の2種類になる。
非漂流人間とは、明確な目標とそれを達成するための計画を持ち、
一生懸命努力している人間のこと。
彼は、自分の考えとポリシーを持っていて、それが正しくても間違っていても
常に自己の責任は引き受ける。

一方、漂流人間には自分の考えやポリシーというものがない。
漂流人間は、常に他人や周囲の考えに支配され、
押し流されてしまう。
そして、他人のアイディアや意見を受け入れておきながら
それがあたかも自分の考えであるかのように振る舞う。

この世界を動かしているのは、

非漂流人間です。

ナポレオン・ヒル成功プログラムより
------------------------------
私も以前は漂流人間だったな~と。
オールを漕がずに、ただボートにしがみついて
人生という川の流れに、ただ身を任せるだけ。

濁流にのまれ、必死に耐えることはできても
自分にオールが与えられていることも知らなかった。

オールを手にして、自分で漕ぐことができる人は
非漂流人間と言える。
漂流人間は、流されていく生活を送る。
いかなる場合にも安易な道を選び、
同じ過ちを何度も繰り返す。。。

起業とは、漂流人間からの脱却、とも言えますね。
その道のりは、けっして楽ではないです。
しかし、「自分の人生を生きている」という実感ができる、エンドレスな冒険への道です。
毎日が勝負で、毎日がワクワク。

この素敵なゲームに参加したいと思ったあなた!
一緒にオールを漕いでいきましょう!(^^)!
エキサイティングな人生が待っていますよ(^^)/

あなたは、流されていませんか?
漂流人生から脱却するための
必読の書です。
↓↓↓



2018/02/21

的確な思考の力。



人間の心は、豊かな土地を持つ農園のようなものかもしれません。
行き届いた手入れと必要な労働があれば
豊かな収穫をもたらし、反対に手入れや労働がなければ雑草だけが生い茂るでしょう。

ナポレオン・ヒル成功プログラム 「的確な思考の力」より
------------------------------
起業して悪戦苦闘する中で感じたこと。
農業もビジネスも同じなんだ。

種をまき、水をやり
肥料をやり、雑草をとり
適切な手入れを怠らなければ、必ず収穫の時期は来る、と。
2016年の12月のことでした。

それから急激な変化があって
義理人情から、ある事業の応援に行ったところ
巻き込まれてえらい目に遭いました。
自分の事業を立て直すのに1年かかりました。

自分の事業もままならないのに、人の応援してる場合じゃないだろっ!と
言ってくれた人もいたけどあとの祭りで
でも、巻き込まれ葛藤するなかで
様々な気づきを得て、今日に至ります。

無駄な経験はないですね。
言えることは、何事も
芽が出たり、花が咲いたり
実が実るには時間がかかるということ。

人の気持ちも瞬時に変わるものではないので
じっくり待ってあげることも必要。
だから、計画が必要なんですね。

的確な思考は、豊かな人生へと導く力。
まだまだ勉強が足らないな~
来月になったら、ゆっくり時間をとって読書しよう。

カンセリングの勉強をしてきたけど
やっぱり奥深い。
これは、人間へのあくなき興味からくるのかも。

心を耕すオシゴト。
オンラインカウンセラー養成講座を再開しようと思っています。
講座を開くたびに、自分が一番勉強になります。

ご興味ある方はご連絡くださいね~