FC2ブログ
2018/10/08

量子のハナシ「エンタングルメント」

最近、スマホを乗り換えたときにおまけでついてきた
タブレット君。
枕元に置いて動画を観るのに活躍中。
昨夜も寝る前に宇宙空間に関する動画を観ながら寝てしまっていた。

今朝、目覚めて瞑想が終わり
誘導音声の「リラックスしましょう♪」の言葉に
そーだ、も少しダラダラしようと、枕元のタブレット君を触ると

用意されていたかのように、この動画がスタンばっていた。

(Youtubeのプログラムなんでしょうけど)
最近、マクロに関する動画ばかりだったけど、今日はミクロかあ、なんて思い
何気に見始めたら、まあ面白い!

特に「エンタングルメント」がすごい。
興味があったのでググると

エンタングルメント(もつれ)の関係にある2つの粒子は、どんなに離れていても、片方が上向きで観測されると
もう片方はその瞬間、下向き状態に決まる。

しかも、これは一瞬で起きるため、2つの粒子の間に何かの作用を伝達するような粒子がある、というわけでもない。
何光年と離れていても一瞬で伝わるので、もしも何らかの粒子が媒介しているのであれば、その粒子は光の速度を超えていることになり、
現在の理論では説明ができない。

と京都産業大学の教授が説明しています。
引用元:https://www.kyoto-su.ac.jp/project/st/st04_04.html
(量子テレポーテーションも面白い)

これを聞いて、すごく納得したことがある。
平行宇宙ってやっぱりあって、そこには自分とペアのもう一人の自分がいて
量子レベルで実は連絡を取り合っている、とか

あの人に連絡しよ!と思ったらメッセージがピローン♪と入るとか
電話が鳴ったら、取る前に誰からの電話かわかる(普通の人はわからないか💦)
とかとか

∴(ゆえに)
悪事千里を走る、という言葉のように人間の思いは瞬時に世界を駆け巡る。
それとは逆の愛の思いも千里を走るなら
もっと私たちが愛の思いを発信するなら
近づきつつある地球の危機も、乗り越えることが可能なのではないか、と。

これは法則なので、必ず作用すると信じています。
愛を与えることをミッションとして生まれてきているみなさん、
愛の思いと行動で地球を包み
共にミッションを果たしてゆきましょう!(^^)!
起業はミッションを果たす近道です。

量子の世界はスゴイ。
スポンサーサイト
2018/10/07

答えは自分の中にある。

43253663_912874902243021_7265416649858088960_n.jpg

↑直径3mm程度の極小花。道端に咲いている。


最近、アプリを使って瞑想を始めた。
優しい女性の声で誘導されすっと瞑想に入れるし、
瞑想後に降ってくるインスピレーションが半端ない。

今朝も、瞑想しようとしていたら
天国のような美しい小鳥の声が窓の外から聞こえた。
小鳥の姿を一目見ようと急いでベランダに出たけど、
都会の真ん中のビルの谷間では、その姿を見ることは出来ず
声だけ聞こえる。

美しいさえずりを聞かせてくれたことに感謝をし
瞑想に入る🧘‍♂️

今日の気づきは
幸せの青い鳥を探し求めて求めて、旅に疲れ果て
倒れた先に見たものは
自分の中に青い鳥がいた、ということ。

そうだよね、外に答えを求めるんじゃないよ。
(ほらほら、また今朝の鳥が、こうして投稿しようとしている時も、また鳴いてる。
そうだ、そうだってね!)

瞑想後に
ワンコに誘われて散歩に出る。
そうすると、鳥のさえずり再び!
なんて鳥なんだろう。
(鳴き声は動画をお聞きください

ワンコの導きにより、いつもとは違う散歩コースに。

すると、なんとウチの近所に牡蠣小屋があるではないか!(写真)
43237791_912874942243017_4762324669120380928_n.jpg

去年の末は、広島県まで遠出して泊まりがけで牡蠣小屋に行ったというのに
我が家から数分のところにある。
遠出をしなくても、ここにあるやん。

とワンコに教えられる。

小さな小さな花が、けな気に咲いている。
ひまわりや、コスモスに憧れる訳でもなく
道端ででも自分の花を咲かせている。
IMG_1237.jpg

天国ってそこにあるやん。

自分が5次元に上昇すると
世界はありのままで素晴らしい、と思えるようになるそうですよ。

皆さんが見える世界はどうですか?
2018/09/12

電話相談室の実態


犬の散歩中に見た、高さ2センチの極小の花。


昨日は夕方から夜まで、働く人の電話相談室の電話相談を受けていました。

昨年に比べて、相談件数が相当増えている。
相談内容は実にバラエティーに富んでいて
「働くこと」以外の相談もかなりありました。

電話をかけてきた相談者の方から、「やっとつながった」
という言葉も。

相談室では有名な「いのちの電話」は、相談件数があまりにも多く、フリーダイヤルでの相談は毎月10日に限定したけど、その日めがけて電話が集中していて、結局繋がらないと、相談者のお話。

厚労省の補助事業である「よりそいホットライン」はフリーダイヤルですが、これまた繋がらないらしい。

電話相談をしてくる方の多くは、周りに相談しずらい、とか誰も理解してくれない、などという理由でかけてこられ、カウンセラーに話をしているうちに、自分の感情や思考が整理されて、自分で答えを導きだせる効果を得ることがあります。(状況によります)

しかしなぜ、電話相談したい人と、電話相談を受ける器にこんなにもギャップがあるのか?

・相談の受け手側の数の問題(カウンセラーや臨床心理士などのプロが少ない。。。海外と比較してのステイタスの差もありますが)
・どこに相談に行っていいかわからない
・周囲に相談しずらい風土

かなと。

この、周囲に相談しずらい問題について

自分の感情などを表現しない、表現できないという話をよく聞きます。遺伝子は3代遡るという研究例を聞きましたが
私の祖母の時代は戦時中だったため、
「欲しがりません勝つまでは」
「女性は口出しをしない」などの
自分を押し殺す遺伝子や
日本の地域性があって表現しずらいのかなと個人的に思っています。

そうした思考は払しょくすることが可能で
私も今は言いたいことをガンガン言えてるので
性格を変えることは可能と思っています。

私が英会話スクールに通い始めて驚いたことは
「あなた、こないだの週末どうだった?」という英語での質問。
今まで、そんな質問をされることがなかったため
おどおどして、えーっと、何もしてない💦
みたいな答えしかできなかった。


週末に映画に行ってみたり、食事に行ってみたりして
英語で答えることができるように、英文で考えてから
英会話スクールに行っていたものです。

日本では、そんな会話って少なくて、テレビのドラマがどうだとかニュースがどうだとか、芸能人のゴシップや職場の噂などの会話の方が多いかも。

なぜ欧米でそんな質問をしあうのか?と考えたときに
欧米では国境が陸続きで、国境を越えて行き来できるため、相手が敵なのか味方なのかを見分けるために、いろんな質問をして人となりを判断していると思うのです。
(意識しない、習慣のレベルかも)
この人は危険だ、というデータが自分に蓄積されていて、直感的にわかる、みたいな。

日本は島国で、日本語という特殊な暗号みたいな言語を使うため、よそモノはすぐばれるし
安心なコミュニティを築いてきた。
だから、欧米みたいに質問せずとも生きてこれた。危機意識が少ないのもこのため。

現代日本では欧米のビジネス手法が主流なんだけど
コミュニケーションは日本流なので
そこに齟齬があるのかなと。

欧米ではYes,Noがはっきりしているし
陰口はナンセンス。
陰口を言っている、その人に「なぜ本人に直接言わないんだ?」と周りが突っ込むそうです。

私もそう思います。
言いたいことがあるなら、直接本人に言おう。
そして、よりよい会社、よりよい社会にするために
同じ方向を向かおう。

陰口は卑怯なやり方だし、聞いてる方も気分よくない。
もっとコミュニケーションをとって
誰にも相談できず自殺する、なんて人がなくなるように
あたたかいコミュニティを気づいていきましょう。

誰にも相談できない、と見ず知らずの人に電話をかけ
そうした人が全国にあふれてしまい
電話回線がパンクするような社会は、
私たちが望んでいる社会ではないはずです。

もっと周りの人に関心をもってあげましょう。
様子がいつもと違ったら
「どうしたの?」と声をかけてあげましょう。

助け合い
お互いさま

日本人の素晴らしい気質です。
それをみんなが活かせば、もっと日本が元気になる。

そう思った一日でした。
2018/09/09

「人は、人からモノを買う」真意


これこれ。この振り子の話。


私の知り合いに、ある会社を紹介した。
その出来が良くなかったと、その知り合いから不評がきた。
納品が終わって、周囲に製品を見せたところ評価が悪かったらしい。
だから、その会社への次のオーダーは検討したいと。

そのメールを読んで、とても不思議だった。
完成後の周囲の評価を知って初めて、今回のオーダーはよくなかったと思ったのか?
周囲の評価を気にするなら、見積書を出しサンプルを出してもらって
それを周囲の人に見せて、評価を得るなり、会議をするなりしてから
発注すべきではなかったの?
最初にOK出した、経営者としての責任は取らないの?
(最初にサンプルを見て、修正の指示を出して最後にOK出しているにも関わらず。。)

こうした商取引の常識?みたいなものは、いくらセミナーなどに行っても、そこまで教えてくれなくて
実際の現場で覚えていくものですよね。
そして、上司なら部下にこうしたことは教えることはあっても
一人で経営している人などに、「そのやり方ってどうよ?」とか
よっぽどでないといちいち教えてくれません。
ふーん、アナタ、そんな人なのね、じゃあ付き合いやめとこ、となりますわ。
みんな忙しいもん。

そんなことを考えながら
今朝ジョン・アサラフ(ザ・シークレットに登場する)とリー・ミルティアとの対談音声
「秘密の成功法則(THE ANSWER)を聞いていて
とても共感したので、一部をご紹介します。

因果の法則について、です。

この法則はニュートンの熱力学の研究に由来しています。
物質の世界におけるあらゆる運動には、まったく等価の逆向きの作用が働くというものです。
この原理は実証されています。皆さんも見たことがあると思います。
機械ではなくて、おもちゃのような、上からぶらさがった糸に6個のボールがくっついているものです。(写真)

ボールの1つを右方向へ引き上げてから離すと、間にある5個のボールは動かず、一番端のボールだけがはじかれた
ように動きます。

中略
物質の世界では、思考を含むすべての運動にあてはまることです。
ブーメランのように、宇宙の自然の法則として、等価の反対向きの作用が働くのです。

あらゆるものがエネルギーからできていることはわかりましたね。だとすれば、どうなるでしょうか。
私たちがあるやり方で考え、感じ、行動したとします。
それらは元の場所、つまり私たち自身のところに戻ってくるはずなのです。

ですから、自分自身の行動の結果を知りたいのなら、
預金がない、クライアントが少ない、人間関係に恵まれない、健康ではないなどと嘆いても仕方ありません。
それらは全て結果だからです。

物理面…つまり五感を使って生活している場では、ただ結果を見ているに過ぎないのです。
木も、オレンジの実も、風に揺れる葉っぱも、見えるものは全て結果なのです。

私にとってはここが重要です。
「結果が気に入らないなら、原因を変えよ。」
私はこれを1980年に学びました。それから何年もの間、原因に注目してきました。私の結果はどう出たでしょうか。
全ての結果には、原因があります。
私はこう考えます。「さて、思考のどこを変えるべきなのか?感情のどこを変えるべきなのか?」

宇宙は思考より感情に大きく反応します。
「戦略の、そして行動のどこを変えればいいのか?」
こんな条件で考えてみてください。

私が「予測可能な変化」または「予測可能な結果」と呼ぶものは、いかなるときも創造することができます。
それは、思考か、感情か、行動または戦略という、3つのうちどれかに起因するのです。

引用終わり

そうです、すべては法則の中に生きています。
だったら法則に従って生きれば、結果は出るわけで
結果が出ないときは、法則の使い方が間違っている、以上。
です。
そして、エネルギーは反対方向へ向かって働き、同じ力で戻ってくる。

冒頭の知人の話に戻ると
結果が思うようなものが出来上がらなったときに
どうとらえるのか、が大事と思うのです。

そのときに、誰かのせいにする思考の癖があるなら
同じ結果が繰り返されます。
なぜなら、原因を変えることができないからです。

いろいろと高額のお勉強していても、実際の商取引に使えないなら、もったいないね。
何ごとも「人となり」、って大事だな~~と
やはり人は、人からモノを買うわけだ、と
思った一日でした。
2018/09/08

今朝と同じ朝が、 明日来るとは、何の保障もない。

41006940_896521117211733_2277754464263733248_n.jpg
2018年9月5日 夕方撮影

北海道でも地震があり、住民の皆さんの安否が気になるところです。

台風の被害も各地であるなか
地球からのメッセージ🌏だと感じてなりません。

私自身の人生を振り返ると
人生の前半は「こうしたら、もっと県民やお客様のために良いのに」
という思いが叶わず
苦しい毎日を送っていました。

男運もなくて
結婚にも失敗するし
その後出会った彼氏とも、結婚してくれることなく
我慢して交際を続けてました。

こんな私が
人生の目的を知り
ミッションに沿った人生を歩むと決意し
歩みだしたら
なんとさまざまな応援を受け
思い通りの人生を歩むことができています。

今夜、人生が終わっても悔いはない!
そんな毎日が過ごせています。

皆さんは、今夜人生が終わっても悔いがないですか?
やり残していることは、ありませんか?

私は、地球を輝かせる、というミッションを持ってます。
これは私だけで達成させるものではないですが
同じような思いを持つ仲間と
最近、どんどん出会っている!

今朝と同じ朝が、
明日来るとは、何の保障もありません。

ならばもっと
自分の思いを表現しようと思いました。

表現し、残すことで
もし私がこの世にいなくなっても
必ず仲間がやってくれると信じています。
40903421_896521090545069_1366889718662299648_n.jpg

写真は、9月5日の夕方に撮影したもう一枚。
1枚目は、薄いピンクとブルーが綺麗でした。

人生を振り返り、自分の歩みを記録して残す
そんなイベントを仲間と企画中❣️
お楽しみに(゚∀゚)