FC2ブログ
2020/03/16

ガンバレ日本!キャンペーンのお知らせ

あなたは、日本全国から安定して集客できていますか?

√ 地方で集客が難しい、
√ もっと自分を知ってもらいたい、
√ 今、何を、どうしたらいいかわからない、
√ セールスしなくても、もの凄く感謝されて売れる方法が知りたい、
√ 好きな時に、好きな場所、大好きな仕事をしたい!
√ 50代からの第2の人生(セカンドキャリア)を創りたい!

もし少しでも心当たりがあるとしたら、
そんなあなたに朗報です。

私の友人の久家邦彦(くげくにひこ)さんは

この
『YouTube集客×Zoomセミナー満席法』を使った
最新の手法を使い!
2019年10月に
YouTubeチャンネル「Zoom集客TV」を立ち上げて
チャンネル登録数100人以下から、、、

1日たったの15分!自宅で動画を撮影して
YouTubeにUPしただけで!

1ヶ月目 17リストから・・・売上180万円達成!
2ヶ月目 27リストから・・・売上250万円達成!
3ヶ月目 50リストから・・・売上 430万円達成しています。

つまり合計たったの94リストから売上860万円という
前代未聞の数字を実現することに成功しました!

この話を聞いて、きっと
驚かれる方は多いのではないでしょうか?

久家邦彦さんは

YouTubeライブと
世界一簡単なオンライン会議システム
【Zoom】を活用して

なんと!
自宅にいながら簡単な操作をしているだけだそうです。

今回は 久家邦彦さんが
この
5G時代のまったく新しい集客手法

かんたん!無料で!すぐできる!  
『YouTube集客×Zoomセミナー満席法』
(動画)マニュアル無料プレゼント!

期間限定!初公開してくれています

今すぐ下記URLからチェックしてみてください。
⇒  特典はこちら

※期間: 2020年3/10 (火)0:00から3/23(月) 23:59まで
スポンサーサイト



2020/03/13

テレワークお悩み解決編「家の中まる見えどうしよう」「気が緩んで仕事進まない」を解決!

テレワーク、オンライン化といっても、なかなかうまくいってないことありませんか?
今朝(2020年3月13日)のNHKおはよう日本でも、テレワークでのお悩み事について
報道されていたので、みなさんのお困りごと解決のため
在宅起業して6年の、オンラインセールスコンサルタントが
オフィスを公開しました~

facebookライブからの~テレワークお悩み解決編「家の中まる見えどうしよう」「気が緩んで仕事進まない」を解決!

2020/03/12

【あなたの机は整頓派?混沌派?】

【あなたの机は整頓派?混沌派?】
忘れないようにメモしたのに、そのメモがどこかに行き
そのメモを探しているうちに、時間だけが過ぎていく。。
私たちADHDあるあるの現象。
さらに、探しているうちに、何を探していたのか忘れてしまう(笑)

コラムにあるように、
私が勤め人だったころ、「机の上は性格を表す」というのが定説で
恥ずかしいから整頓しておかねば!と整頓に勤めてましたが

在宅起業して人目が気にならなくなると
机の上がすごい状態に。

私の仕事場を見た人が「アインシュタインの部屋みたい」と言って
それはどういう意味なんだろうと数年思っていたけど

最近、私のことを「あなたは天才だ」と励ましてくれる人がいて
ふと、天才と整頓というキーワードで検索したワケです。

するとなんと!この記事の写真にあるように
facebookの創業者ザッカーバーグも!
大好きなトニー・シェイも!
机の上は、超雑然じゃないですか~(^^♪

ペニシリンの発見者として知られるアレクサンダー・フレミング
スティーブ・ジョブズだって
驚くほど机が散らかっていた。

机の上が散らかっているからといって、ダメ人間であるワケではない!
しかし、親や教師から「机の上を整理しなさい!」などやかましく言われたりして
それでも整理できなくて、自己評価が低いそこのあなた!

もしかしたら、コロナウイルスの脅威から人類を救う
天才なのかもしれないですよ。

歴史を紐解くと
--------
1346年から47年にかけて、コンスタンティノープルから地中海各地に広がった黒死病。
黒死病の大流行による人口の激減は、生き残った農民の待遇を良くすることとなり、農奴解放がさらに進むこととなる。
その後、社会変動の中から、人間性の解放を求めてルネサンスといわれる文芸や美術での動きが活発となる。

1665年のイギリスでのペストの大流行が、科学の歴史上きわめて重要な副産物を残したとされ
大学が休校となって故郷の田舎に帰ったニュートンが、ぼんやりと日を過ごすうちに、
光の分光的性質と、重力の逆二乗法則を、そしてさらに微積分計算の基本的アイデアを発見。

19世紀末のペストの最後の大流行。このときは中国から始まり、アジアで急激に広がり日本にも伝わった。
1894年、流行の中心地香港に派遣された北里柴三郎がペスト菌を発見!
(注目!菌の発見者、日本人です)
(引用:https://www.y-history.net/appendix/wh0603_1-090.html)
----------

1929年株価が暴落、世界大恐慌のときアメリカでは悲惨な状況だった。
多くの人が財産や命を失い、やり場のない怒りや失意に打ちひしがれ混沌とするなか
ある法則による思想が世を救ったんです。

それはなんだったのか?
いまこそ、歴史に学ぼうと「成功の黄金律に生きた男達の物語」DVD上映会を企画しました。
オンラインだから、世界のどこからでも参加が可能です。

歴史に残る大変革の中を生きている人たちは
今がそのときだとわかってなかった。
フランス革命や明治維新のときも。

今、歴史に残る時代を私たちは生きている
これだけは確信できます。
心ある人たちで、日本をそして世界を元気にしていきましょう。

あなたの出番ですよ!!

上映会の詳細
成功の黄金律に生きた男達の物語 DVDオンライン上映会
DVD上映会の開催予定と申込、アプリのインストール方法

超おススメ動画
【実体験】コロナウイルス対策!2020年絶対にやるべき!新しい働き方!
2020/03/05

【自分にはられたレッテルを剥がせ!】

昨夜は過去に開催したセミナーを、
オンラインで再び行うために
2016年当時のノートを取り出して振り返ってみて
ヒントを得たのでシェアしますね。

2014年3月、生後4ケ月の愛犬と出会って名前を考え、
映画「ミッション・インポッシブル」主役の「イーサン・ハント」が大好きだったのと、母のパートナーの若いころのあだ名と掛け合わせ「イーサン」と名付けた。

2014年4月に自分で合同会社を設立し、社名を「イーサン・マネジメント研究所」と名付けた。

2014年6月26日、博多にトム・クルーズがやってきて、生トムを拝んだ!(友達からの情報で駆けつけた)

その後、世界No1カリスマコーチ、
アンソニーロビンズ社公認シニアリーダーの是久昌信さんとのご縁をいただき、御著書「情熱思考」(写真)を読んで初めて
トム・クルーズが学習障害だったことを知る。

本書より抜粋

「君は成功できない」
「君は学習障害なんだ」
実際、彼は文章を読むことができなかった。
文字を読もうとすると、
文字が逆に見え、
頭痛になり、
精神が不安定になった。

それでもトーマス(トム・クルーズの本名)君は
あきらめなかった。
夢をかなえるために、あらゆる手をつくした。

トーマス君は、
自分に貼られたレッテルを信じなかった。
だからこそ
夢は思わぬ形でかなった。

彼は俳優となり
3つの会社を経営、
自分の映画会社も所有し
映画プロデューサーもこなしている。

レッテルを信じるな。
レッテルをはがせ。
他人の評価が、あなたの未来ではない。
--------------------
私は本当に運がいいと思います。
失敗も数えきれないほどしてきました。
でもそれは失敗ではなくて、成長の機会であったと知って

また勇気が湧いてきて
心から信頼できる仲間に囲まれて
今は自宅で
自分のペースで仕事ができています。

自分のペースと聞くと、のんびりしてそうですが
まったく逆で、起きている間じゅう、仕事しています(笑)
超ハイスピードで、仕事もてんこ盛りにしてしまうので
オンラインアシスタントは大変です(ごめん)

こんな調子だから時々、充電切れしてぶっ倒れますが
充電が終わったら、またムクっと起きて、机に向かいます。
めっちゃ楽しい毎日です。
いつ死んでもいいなあって思っています。

自分がADHDと知ったり
過去にうつを患ったりしても
それが自分なんですもん。

大好きな「zoom集客の学校」久家先生のおススメの書
「心」(稲盛和夫著)より
-----------------
「利他の心」は現実を変える力を有し
おのずとラッキーな出来事を呼び込み、
成功へと導かれるのです。
------------------
私も、本当にラッキーなんです。
人によかれと思って行動しますが、それがもとでトラブルに巻き込まれたこともあったけど
あとで考えたら、それが逆にラッキーになるので
「利他」の心でいてよかったなあと思います。

自分に貼られたレッテルなんて
所詮、人からの評価!
そんなの気にしない!
自分を一番知っているのは、自分。

人生に失敗なんてない。
あるのは、「成功」と「成長」

今日も一歩「成長」できたらラッキー♪
やっぱり読書っていいですね~
ピンときた本があったら、今すぐ本を開いてみよう!
そこにヒントがあるよ!

2020/01/24

【アタッカーにトスを集めろ!】

小学校高学年~中学1年までバレーボールをやってた。
高校生のとき、バレーのクラス対抗マッチでは、
アタッカーの一人で連勝してたので、ふとこんな言葉が浮かんだ。

最近、ようやく弊社もチームワークが機能し始める。
今までは、
一人でレシーブをし
トスを上げ
アタックしてきたことを

ちゃんとレシーバーがいて
トッサ―がいて
アタックが打てるようになってきた。

アタックが高確率で打てるアタッカーでも、
一人では勝てない。
それぞれの役割があってこそ、守備もでき攻撃もできる。

アタッカーがレシーブばかりしていたら
攻撃できないだろ!
アタッカーによいトスを上げることで、
アタックが決まる確率が上がるんだよ。

そう、エースにトスを集めてくれ!
そうすれば、めっちゃアタック決めるから!
(実際、ようやくトスが集まってきてる)

なんてこと考えてたら
アタックNo,1の動画を見つけた。
なんと懐かしい、昭和のかおり。

しかしまあ、この「しごき」のシーンは今では考えられませんね。
また、学校帰りにラジオを鳴らして踊っていたら「不良」と言われ(笑)(私はやったことない)
時代がこうも変わるとは
当時の少女には想像できませんでした。

このあと、時代の変化はもっと加速していきますね。
この波に乗りましょうぞ。

追伸
YouTubeの動画のコメント欄が笑える。
こういう交流も楽しいんだわ。

アタックNo,1